社長ダイアリー

  • でもマシ。 2016年09月27日

     最近 カーナビの調子が悪いです
    ”この先 3キロ先を 右折です” ”この先 5メートル左折です”
    先日は 1キロ外れた目的地に到着してくれました
    。。。ん~ でもとなりで昼寝をする 助手席ナビよりは マシか~
    昔のテレビは 叩けば直ったんですが。。。
    修理にだそうとおもいます。

    でもマシ。

  • 生き物。 2016年09月21日

     給排水、空調用、さまざまな配管をつないでいくにはさまざまな工具、機械が必要です。
    加工場、現場など比較的汚れの多い場所での作業なので 雑に扱いがちですが。。。
    個人的な意見では 仕事のよく出来る人は 工具を大切に、きれいに使って整理しています。
    よく使うものを前に置き、そうでないモノも手入れしてある。ゴミ置き場のように工具、資材を山盛りにつんでいる人がいますが、仕事 論外ですね
     幼稚園の頃 ふと自宅のタンスを見ると 空き瓶に入った 長さ4cmの鉛筆が10本程度。瓶のおもてには ”使えなくなった鉛筆達 ありがとう” 母のものでした。
     後に ”あれはお母さんが モノを大切にする気持ちを忘れないように 集めてたものだよ” と家族から聞いた。
     なかなかそこまではできないものの、物も”生きてる”ように使う 思いはもっていたいですね

    職人とは。

    生き物。生き物。

  • 職人とは。 2016年09月13日

     職人の技術を自分のものにするのは容易ではありません。先輩 師匠の言ってる事を丸飲みする 素直さと感謝がなければ成長できません。
    できた職人とは常にお客様を喜ばせたいと思う気持ちをもっていて 不測の事態に堂々と自信をもってその場をのりきれる判断力をもった人。
    どんなに知識、技術があっても ”心” がともなわなければ一流にはなれない。
    ”心” とは 思いやり、気遣い、感謝の気持ち。その根底に”人をよろこばせる”という思いがなくてはならない。
    人に好かれ、人の役に立ち、人に喜んでもらう。気遣いや感謝の気持ちのある素直なひと。
    ”職人”であるまえに 一流の人間であるべきようです。

  • 食わず嫌い。 2016年09月06日

     かばんを持つのが 嫌いでした。 大事なものを体から離すのに違和感があったし かばんは置き忘れそうだったし そもそも 邪魔だと思っていました。
     なので ピーク時は 財布、携帯、タバコ、メモ帳、名刺入れで ポケットはボッコボコ
    タブレットなんて入らない ガンダムの ”ドム” みたいなシルエットに
    最近 メガネをかけるようになって さすがにメガネケースは”限界”と感じ かばんを使うように
    なんて 便利なんだろう さっさと買っときゃよかった 体は軽いし 邪魔と思っていたけど 逆に動きやすくなって  まさに食わず嫌い。
    食うのが好きな おなかと共に ひとつ また 大人になりました。 

このページのトップへ